フランチャイズの大きな特徴と言うのは!!!

ノウハウがなくても企業できる

フランチャイズとは、要するにノウハウを渡す代償として、契約金やロイヤリティを支払うタイプの商売です。これをフランチャイズ事業といいます。実際にその本部が直営店としてやっている場合もありますし、完全に加盟店しかない場合もあります。代表的なフランチャイズと言えば、コンビニです。直営店もありますが、ここまで拡大したのは、フランチャイズ加盟店を増やしていったからに他ならないのは間違いないといえるでしょう。

日本でもしっかりと根付いている

元々、外国からきた商売のやり方です。暖簾わけ、と言うのが日本にもありましたが、それとは明確に違います。販売、流通、管理まですべてマニュアル化されているからです。極端な話をすれば、契約金を出して、研修をすれば誰でも基本的には受け入れます。人品もそのフランチャイズの質を落とさない為には審査されるべき点ではありますが、それでも大抵の人であればできるようなマニュアル化を実施しています。それこそがフランチャイズです。

様々な商売があります

一言にフランチャイズと言っても色々とあります。それはコンビニであったり、クリーニングであったり、飲食店であったりします。兎に角、業務をマニュアル化できるのが重要です。それによって、サービスを均一化できるからです。全国のどこでやろうと同じサービスを提供できるのがフランチャイズです。但し、最近では個々の店での差をつけることも重要視するようなところが増えています。商売のやり方と言うのは、色々と変化があるわけです。

荷物を送る場合、自分で持って行くのはとても大変なんです。そこで、代理店である運送会社に委託すれば、簡単に届けてくれるのです。