自営業の始め方としてはまずは申告をすることから

簿記に関することが求められる

どんなことであろうと自営業をしようとするのであれば、経理が必要になります。これはどんな形式でやるのか、ということによって税金の控除額が変わってきます。簡単にいいますと青色申告をするのかどうかです。白色申告とすることもありますが、それはそこまでお勧めできないです。経費は計上できますが、控除額がないです。青色申告ならば65万円の控除があります。これがあるからこそ、青色申告をすることがお勧めできるわけです。

どうすれば青色申告に出来るのか

自営業では青色申告がお勧めできます。その条件とは複式簿記にすることです。簿記には単式と複式があります。複式簿記はやや難しいことになりますが、それでも会計ソフトなどがありますから、それを上手く使えば会計の知識がなくてもそれなりに出来ます。そうすれば、控除額が高くなりますから、ベストであるといえます。自営業と言うのはすべてを自分でやらないといけないことになります。そこは覚悟しておくべきです。それでもメリットはあります。

自営業のメリットと言うのは

何かと経費にすることができる、というイメージがありますが、別にそうではないです。自営業であろうとも自己消費分は取り分ける必要があります。つまりは、事業に使っている分を計上することになります。それを間違えてはいけないです。これは税理士などと相談をするのが大事になります。自己判断をしてもよいですが、極めて妥当な割合がありますから、それを知っておくと良いです。そうすれば、問題なく計上することができるようになります。

フランチャイズとは、出来上がった商品や販売システムをそっくりそのまま譲り受けて商売を行う業務形態です。