自分で防げるトイレの詰まり!予防法をご紹介!

トイレタンク内にボトル入っていませんか?

節水目的でトイレのタンク内に水が入ったペットボトルや瓶を入れていませんか。もし入っている場合は速やかに出すことをおすすめします。今から数年前に流行った節水方法ですが、自分でトイレの流れる水の量を少なくしてしまうと、そのせいで詰まってしまう可能性があります。それぞれのトイレには水量が定められています。もしも、節水目的であれば節水型のトイレに変えましょう。今は各社から節水タイプのトイレが出ていますよ。検討してみてはいかがですか。

異物が詰まっているかもしれませんよ?

トイレの芳香剤の蓋や、ポケットに入っていたペン類あるいは携帯電話を誤って流してしまったとしたら。また、お子さんがいたずらで手に持っていたおもちゃなどをわざと流してしまったとしたら。もしこうしたことがあったら、すぐにラバーカップを使用するなど対処してください。異変に気づいていながらも、使用を続けてしまえば異物がどんどん奥へ詰まってしまうかもしれませんよ。つまりがひどい場合は逆流してしまったりまったく流れなくなる可能性があります。

使っていいのはトイレットペーパーだけ?

トイレで使っていいのはトイレットペーパーのみです。それは、紙の性質から言えることです。トイレットペーパーで鼻をかんだことはありませんか。性質として、水分を含むと紙がぼろぼろになってしまいます。だからこそトイレに流しても大丈夫なんですよ。しかし、ティッシュペーパーであればこの通りではありません。こちらは1時間水に浸しておいても、形がそのまま残っています。ですから、トイレに流してはいけないのです。それぞれの紙の性質を知っていればティッシュペーパーは使わないですよね。

トイレ詰まりとは、トイレの排水管にゴミが詰まって水が正常に流れなくなった状態のことをいいます。簡単なものならラバーカップで修理することができます。