大容量のデータを転送する場合の注意点とは?常識だけど常識の内容あたは知ってる?

そもそもどこからの容量が大容量なのか

大容量のデータと言う表現があるのであれば、大容量のデータでは無いデータもあると言う事ですよね。その境目と言うのは一般的に5M以上が大容量と言われていますよ。この5Mと言うのは、フリーメルなどを提供している企業が一般的に設けているダウンロード出来る容量の制限になります。フリーメルを提供している企業と言うのは、本来、メールの利用を目的としてメールサーバーを構えている物であり、他の内容に利用されれば、それだけ負荷が高くなり、本来の役割であるメールのサービスに支障を来たしてしまう可能性がありますよね。あくまでも、これは一般的な内容であり、中にはそれ以下の容量を制限としている可能性もあるため注意が必要ですよ。

ファイルは一括か分割か

ファイルを分割して転送する場合と、複数のファイルをフォルダに一括に入れ、そのフォルダを転送する仕方がありますよね。両方に対して、メリットとデメリットがありますよ。ファイルを分割する場合は、容量を分割して転送を行う形になるため、必要なファイルのみを選択しながら速くダウンロードできるメリットがありますが、数が多ければそれだけ引き渡す相手に対して作業量が多くなりますよね。フォルダに一括に入れる内容は、一度に全てのファイルを引き渡す事が可能ですが、容量が重なれば、ダウンロードを行うのに時間を要してしまい、相手側のパソコンに長く負荷がかかってしまうリスクがありますよ。ファイルの内容や目的に合わせ、引き渡す相手の方が利用し易い方法で行う事が大切と言えるでしょう。

予めどの様な内容の物か具体的に伝え返事をもらう

大容量のデータを引き渡す場合は、高速のサーバーをサービスとして提供している業者もありますが、それはあくまでもサーバーが高速であって、引き渡す相手の方のネット環境が必ず高速とは限りませんよね。数ギガバイトの内容であれば、数時間かかる可能性だってありますよ。引き渡す相手によっては、不特定多数の方が利用するPCを利用している可能性もあり、圧縮されたパスワード付きのファイルを希望されている可能性もありますよね。そのため、予め内容を伝え返事をもらう事が大切ですよ。この様な配慮と言うのは、ビジネスマナーとして大切であり、友達に送る様な思いで転送をしてしまうと、会社や上司に泥を塗ってしまいかねないため注意が必要と言えるでしょう。

大容量ファイルは、バイト数が大きいファイルです。ITシステムの進化に伴い、何バイト以上が大容量かという基準は上昇しています。