屋内よりもメンテはマメに!屋外メインでのフォークリフト運用

カウンターフォークは屋外での運用がメインに1t以上のカウンターフォークとなると、扱える重量物の大きさの関係から屋外での運用が視野に入ってくる様になります。既に荷作りが完了した重量級のパレットのトラック積み下ろしや適所への運搬など、扱う荷物の大きさに加えその運搬範囲もまたリーチフォークとは比べ物にならない程広範囲なものとなるでしょう。屋内外を行き来するカウンターフォークはその分リーチフォークと比べて… Read More  

オーバーサイズの貨物はどう対応する!?黒字化に向けた倉庫運営

スポットだが頻度は高い通常のコンテナに収納できないオーバーサイズ貨物の場合港湾倉庫でフラットラックコンテナに積み込む作業が発生するでしょう。この依頼を引き受けるか複雑なので辞退するかを考えるとき、オーバーサイズ貨物はスポット貨物に分類されるものの発生頻度が高いというということを頭に入れておきましょう。港湾倉庫は予算外の売り上げを得られますがコストも大きいので粗利は高くありません。しかし、確実に利益… Read More