いまやほとんどの企業の採用活動で行われている適性検査

新卒、中途採用は面接+適性検査が基本

新卒、転職活動においては、当然、面接が導入されていますが、「適性検査」もまた、ほとんどの企業での採用活動において導入されています。「適性検査」は、「能力検査」、「能力検査」の二つに分類されています。「能力検査」は、一般常識や発想力、論理的思考力などを問うテスト、「性格検査」は募集職種に適した人材かどうかを判断するテストです。この適正検査では、一般的な学力をみると共に、企業の求める人物像にマッチしているかどうか、また、配属部署などを決める際の判断材料することを目的に導入されています。

性格検査に対策は必要!?

新卒、転職活動においては、面接、能力検査の対策に力を注がれる方が多く、性格検査の対策はおろそかにされがちです。というのも、性格検査は「はい」「いいえ」で答えるものや2つの質問文から自分の考えに近いものを選択するようなテストなので、その場で答えればいいだろう、個人個人によって回答は異なるのだから対策のしようがないだろうと思われがちです。ですが、性格検査にもしっかりと対策方法があります。そして、対策することが必要です。

新卒、転職活動の鍵は企業研究

性格検査で最も重要なことは、企業研究を行い、社風や求める人物像を理解することです。例えば、チャレンジ精神を大事にしている会社、慎重丁寧に物事を進めることを求めている会社、スピードを重視している会社など、会社によって社風、求める人物像は異なります。その上で、企業に合わせた回答をするということが性格検査を突破する鍵となります。この企業研究は、何も適性検査だけではなく、面接対策においても重要な工程であることはもちろん、自分に適した企業か見極めたり、自分の性格を改めて深掘りしたりするためにもとても重要であるため、新卒、転職活動においては力を入れてじっくり取り組むことが大切です。

適性検査とは、職場や学校などでの活動における素質をペーパーテストやwebテストなどで判定する検査です。